雨漏りに火災保険???

意味がわからないよ

 

と、お思いになるかもしれません。

確かに火災保険は雨漏りによる被害は基本的に補償してくれません。

しかし!!

名称的には火災の補償をするイメージの火災保険ですが、実際は大規模なものを除く突発的な災害によって建物に何かしらの損害が発生した時に補償してくれるものなのです。

なので、「何故雨漏りが発生したのか」によっては雨漏りの原因を火災保険を使って直すことが出来ます!!

さて、どうして雨漏り補修に火災保険を使えるのかはなんとなーく分かってもらえたかと思います。

では実際、どういう原因なら補償してくれるのかですが、火災保険の補償内容には風災というものがあります。

 

よくわからないけどオプションでつけるやつでしょ?うちの火災保険普通のだから

風災って台風とか竜巻でしょ?そんなので雨漏りしたわけじゃないよ

 

と思ったそこのあなた!!もうちょっとだけ読んでください!

風災補償はオプションでもなんでもありません。ほぼ全ての火災保険の基本プランについてくるものです!

そして風災の適用については、保険会社ではおっしゃる通り台風や竜巻を例に出しています、が、突風も風災に入るのです。

なにも瓦が飛んだとか屋根の一部がはがれたとか、そんなでかいことを言っているのではありません。

突風が吹いて屋根のトタンをとめていた釘が抜けた、とかそんなものでいいんです。

というか、そんな理由で雨漏りは起きるんです。

 

原因がそういったものであった場合、火災保険が適用され屋根の修理を火災保険で行える、こういった仕組みになります。

 

ですが正直、屋根の上にあがるのは危ないですし、なんで雨漏りしてるのかなんて判断つけるの難しいですよね…。

そこで我々がしっかりと調査し、適用範囲可どうかお調べします!!

 

ご相談、調査、お見積もりは無料になります!

また、調査の結果火災保険適用ではなかった場合にキャンセル料等もいただきません!

その他、雨漏りに関すること、保険に関すること、分からないことがありましたらお気軽にご連絡ください!

 

お電話お待ちしております!

011-558-1043