こんにちは、札幌屋根修理ドットコム担当小林です。

ご紹介が遅くなりましたが、今年3月に行ったの札幌市内で行ったビル屋上の屋根修理です。

2016/03/18  札幌市/ビルオーナー様

屋上からの雨漏れトラブルがあるとことで札幌市のビル屋上へ調査に伺いしました。

雨漏れトラブルは様々な原因が考えられ、老朽化による瓦のずれ、割れのほかに、今回は防水シートの劣化によるシート破れや浮き、染み込みでした。

一般的な屋根の内側に防水シートが入った状態なのです。

新しく防水シートを張り替える工事を写真でご紹介したいと思います。

-1工事前の状態です。

-2-3

剥がして劣化状態を見ています。-4

下地材を塗ります-5-6

防水シートを貼っていきます。-7-8-9

最後はコーティングです。-10

工事完成しました。

「防水シート」というと、それだけで水をはじいて雨を防いでくれると思われるかもしれませんが、実際は屋根の隙間から染み込んだ雨水を屋内まで浸透させず排除するためのものです。屋根の持つ防水効果を高め、サポートしますが、単体で高い防水効果を持つものではありません。

防 水シートの寿命は長く、経年劣化したために交換するケースはほとんどありません。しかし、屋根自体に割れ、欠け、ひび が入り、防水シートが剥き出しになってしまった場合は別です。屋根を失うと、防水効果の激減に加えて天候による悪影響にさらされた防水シートはみるみるう ち に傷んでしまい、簡単に雨水の浸入を許すようになってしまいます。こうなっては、屋根の塗装の修復を行っても雨漏りが再発することになってしまうのです。

このことから、「最近の屋根は防水がしっかりしているから大丈夫」と安易に考えるのではなく、屋根の特性や弱点・寿命を把握しておき、定期的に補修などのメンテナンスを行うことが、雨漏りを起こさないために重要と言えます。